驚くべき事は、まだ飼育開始していないにも関わらずこの記事を書き始めているところですが。笑

ついにというか、ようやくというか。
アクティオン、始めました。(10月11日現在)

IMG_3404

これで、
(黒塗り巨メガ)
・マルス
・ラミレス
(毛巨メガ)
・エレファス
・エレファス・オキシデンタリス
・エレファス(イイジマタイプ)
・ギアス(亜種ルンブケリ)
・ノゲイラ
(ミニメガ)
・パチェコ
・ペーニャ

に次いで10種目のメガソマ種です。
カブトムシ亜科の中で世界一重い、そして生き虫として日本に流通するカブトムシ亜科の中で一番幼虫期間が長いというロマン砲。

Large Larva Labo (でっかい幼虫研究所)を名乗っておきながら、世界一でかい幼虫を飼育していないとは何事だとはもう言わせませんよ。

ヘラクレスは待ててもアクティオンはちょっと…という人も多いように、
俺は半端な覚悟じゃ飼えないよ」と言っているような風格。
ディアブロスのような2対の角。
つや消しの黒塗りボディ。
そして脚の長さ(重要)。

IMG_3407

Dynastes種も素晴らしいけれど、それ
以上にMegasoma種に惹かれてしまうのはやっぱり長い脚要素なのだと最近気づきました。

主観はそれくらいにして。
アクティオンは最近、産地によってレックス(rex)アクティオン(actaeon)に分けられました。
この個体はペルー産のため、本来はレックスゾウカブトとなるのですが、ムシキング第一世代的には絶対にアクティオンと呼びたいわけです。そんなティラノサウルスの二番煎じのような…いや、レックスも名前的にはかっこいいんですけどね。

IMG_3333

BE-KUWAによると、レックスはアクティオンに比べ
て胸角が大きく発達するらしいです。納得。
エクアドル産のアクティオンも揃えて比較しようと思います。
…まあ、ペルー・イキトス産がWDで日本に上陸してから随分と年月が経っている上、インブリードもアウトブリードも沢山行われているので、野外品と比較してもしょうがないですけどね。

IMG_3300

世界一ヘビーなカブトムシ。
個人的には「世界一大きい」よりも「世界一重い」に惹かれます。
仮にアクティオンでBE-KUWAギネスを出したら、「世界一大きい、世界一重いカブトムシ」ということになりますからね。
夢とロマンの塊みたいなカブトムシです。

IMG_3303

IMG_3297

IMG_3370

IMG_3371

IMG_3385

カブトムシの王様=ヘラクレスならば、アクティオンは帝王でしょうか。
「世界一大きい」というブランドに加え、金色の上翅とくれば、王様はヘラクレスで決まりですが、
「世界一重い」つや消しブラックという陰的な立ち位置が、裏ボス感あって最高です。
ヘラクレスという陽があってこそ陰が際立ちます。


本種、デカくて黒いという特性上、中々しっくりくる写真が撮れません。泣

小さくて綺麗なハナムグリならばホワイトバックで映えるのですが、アクティオンやマルスでは厳つく見えないんです。
白背景、黒背景、外、木などで撮影しましたが、また撮り直す予定です。

ちなみにサイズは120mm
奇しくも前回紹介したエレファス、マルスと同サイズになります。
狙うは130mm越え、幼虫体重200g越え。
ヘラクレスの飼育技術を応用し、えらい量の個体を抱えて統計取ってみます。
役者は揃った。笑